肉の明光22 (笠沙町商工会)
商品コード<meikou>
肉の明光22 (笠沙町商工会)
特産品
メールでおすすめ マイページへ登録する


肉加工物

肉の明光22 直売所
情報提供■笠沙町商工会
「林間の明光22」は中島明弘社長が作り上げた
食用豚肉の商標登録のことである。
ロース・モモしゃぶ+バラ焼肉セット
3,300円(1500g)
バラ・モモしゃぶ+トンカツセット
3,300円(1500g)
■原材料名 林間の明光22
■ロースしゃぶ 500g ■モモしゃぶ 500g
■バラ焼肉 500g

■原材料名 林間の明光22
■バラしゃぶ 500g ■モモしゃぶ 500g
■トンカツ  500g

■賞味期間及び保存方法 冷凍保存で加工日より3ヶ月

在庫に限りがございますのでご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さいますようお願い致します。
■賞味期間及び保存方法 冷凍保存で加工日より3ヶ月

■在庫に限りがございますのでご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さいますようお願い致します。

ロース・バラ・ウデしゃぶセット
3,300円(1500g)
ロース・バラしゃぶ+ミンチセット
3,300円(1500g)
■原材料名 林間の明光22
■ロースしゃぶ 500g■バラしゃぶ 500g
■ウデしゃぶ 500g

■原材料名 林間の明光22
■ロースしゃぶ 500g ■バラしゃぶ500g
■ミンチ500g
■賞味期間及び保存方法 冷凍保存で加工日より3ヶ月

在庫に限りがございますのでご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さいますようお願い致します。
■賞味期間及び保存方法 冷凍保存で加工日より3ヶ月

在庫に限りがございますのでご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さいますようお願い致します。
■生産者の声
明光22の美味しい理由は、豚のもって生まれた美味しさに加え、餌と笠沙町の山奥の空気の良い環境、山から湧き出るミネラルたっぷりの水や、餌も改良を繰り返し「林間の明光22」にふさわしい餌を作り上げたとのこと。 試行錯誤の繰り返しからこの豚を固定化させるのに随分時間がかかった。
「林間の明光22」、この『22』は豚の頚椎の数である。普通豚の頚椎は21本しかないのに「林間の明光22 」はその名のごとく22本ある。だからこそ胴長なのである。普通の豚よりは20cm ほどは長いでしょう。頚椎が多いと言うことは、頚椎付近のバラやロースも多い。通常の豚のバラ・ロースの精肉重量の比率が約 1割以上は多い。
出荷される前、しばらく放し飼いにして肉質を整えるのも「林間の明光22」の特徴。最後に放し飼いにされ運動をするから肉がしまってくるのである。
食感は「肉が甘い」ということ。その上に肉が柔らかくて生臭さがない。しゃぶしゃぶをして「アク」がとても少ないということ、つまり脂肪が少なくヘルシー志向な豚肉なのです。

笠沙町商工会

掲載商品のお問い合わせについて

下記店舗まで直接ご連絡ください。

送料

会社名:鹿児島県商工会連合会
〒892-0821
住所:鹿児島県鹿児島市名山町9番1号
TEL:099-226-3773