下記クレジットのご利用が
可能です




弊社は、SSL通信を行っており、お客様がご入力になられる個人情報は、暗号化されて通信されますので、ご安心下さいませ。

晴天街トップ 店舗トップ 会社概要 お支払い・送料 晴天会員登録 買い物かご



こしき竜宮伝説



 

新発売!熱中症にご用心!【がんばる人の熱中水】
熱中水は何かに熱中してがんばっている人たちの毎日を守りたい!そんな思いから生まれた商品です。まさに母なる海からの贈り物!ミネラルバランスが人間の体内に最も近いとされる海洋深層水を使った、添加物を全く含まない自然のままの熱中症対策飲料水です。

■20L箱入り
■1Lあたりの栄養成分
■エネルギー 0kcl ■たんぱく質 0mg ■脂質 0mg 
■炭水化物 0mg  ■ナトリウム 300.0mg■カルシウム 10.2mg 
■マグネシウム 33.2mg  ■カリウム 13.1mg 

※全て海洋深層水を使用している為、多少成分値が変動する事があります。
熱中症とは? 熱中症は体内の水分や塩分のバランスが崩れ、また体温の調整が機能しなくなるなどの原因で起こります。
熱中症になるとどうなるの? たとえば長時間にわたって汗をかき続けることによって、体温を低下させる事ができなくなり、筋肉のひきつけ症状や失神を起こしてしまいます。
熱中症対策ってないの? 汗(主に水分とナトリウム)を多量に排出したらその分汗に近い水を補給すればいいのです。熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防を知っていれば未然に防ぐ事ができます。

硬度100と硬度1100の便利なペットボトル
硬度100/500mlペットボトル×24本
持ち運びに便利な
ペットボトルができました


硬度100/500ml
ペットボトル ×24本


3,888円
硬度1100 2Lペットボトル×6本

1日2杯で身体を変える!
マグネシウム・カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛・
マンガン他80種類以上のミネラルを含有。
2200年の時を経て、今、こしき島から。
4,212円

お問い合わせフリーダイアル:
0120-549-375

  .。・○。.ココロにもミネラル、補給しましょ.○・。.

南国鹿児島の西端から、ミネラルたっぷりの海洋深層水が新発売!
東シナ海の荒波にもまれた冷水は、とても長い年月を経て深い海の下でミネラルたっぷりの海洋深層水となりました。

竜宮伝説はそのミネラルの豊富さから、「からだのためにいい水」をお届けできるよう、海洋深層水を2種類に分けて販売しています。硬度が「100」から「1100」と幅広く、その数字が大きいほど含まれているミネラルの量も増えます。
400ml入りはパウチ袋でパッケージ。だから持ち運びもラクラク簡単。丈夫な素材だから、かばんのちょっとしたすきまにも入れられます!飲んだ後も、小さく折りたためて、カバンの中でジャマになりません!

▼海洋深層水とは?






太陽の光がほとんど届かず、水温が年間を通してほとんど変化しない水深200M以深の海水のことをいいます。
このため、水質を悪化させる有機物や細菌類、環境ホルモンをほとんど含まず、海水として無機化が進んでいるため水質は安定し、豊富なミネラルを含有した様々な可能性を秘めた循環型資源として位置付けられています。

なぜ下甑島がもっとも良い取水適地といわれるの?

下甑の手打湾は、沖合い4kmという近距離350mの水深から海洋深層水を取水することができるからです。
海岸平坦地から緩やかに深くなり、一定の距離で水深が深くなっている海底形状は、取水にとても良い形状です。
日本に取水適地は比較的多いですが、海岸から取水適地までの距離や海底の形状も条件があることから、どこでも取水に適しているとはいえないのです。

また、こしき島は大自然に育まれたより清浄な環境での取水が行えるので、工業地域近辺に比べ有害金属などの海底汚染の心配もないでしょう。



海洋深層水は長い月日をかけて、地球を周回していますが、竜宮伝説は放射性炭素年代測定によると、およそ2210年前の海洋深層水です。
日本でいえば弥生時代。
現代のように環境ホルモンや公害汚染などがなかった時代のきれいな水であるのに加え、現在でも秘境と呼ばれるくらい海が綺麗なこしき島より取水しています。その水が、約2210年かけてさらに熟成され、多数のミネラル分を含んだ「こしき竜宮伝説」となりました。

海洋深層水とは光合成に必要な光が届かなくなる水深200mより深い層の海水で、植物プランクトンが繁殖できないため、植物の生産に欠かせない無機栄養素が消費されずに豊富に残っています。
また水圧が20気圧以上の深海なので、ミネラルがイオン状態で溶け込んでいるから、飲料として体に補給されやすいです。
その他、太陽光が届かないため低温安定した水となっています。また細菌や有機物が繁殖できない環境であり、清浄性の高い海水となっています。


店長おすすめ

夏に飲む水500
¥3,888(税込)
汗をかくときには夏に飲む水!
夏に飲む水 10L×2箱
¥2,992(税込)
汗をかく時は夏に飲む水!
マグ
¥4,641(税込)
美容はマグネシウムなしに始まらない!






NEWおすすめ特産品
NEWおすすめ特産品
NEW特産品



 
 
NEWおすすめ

 

ライン


潮風に誘われて・・・甑島
鹿児島県本土南西約50kmの東シナ海に浮かぶ甑島列島。
海の恵みあふれ、鹿の子ユリ咲き乱れる景勝地として知られている。
その自然環境の豊かさは映画「釣りバカ日誌」の撮影や、下甑村の診療所を舞台にしたマンガのドラマ化など、各地から注目されている。

さらなる脚光を浴びたのが甑島の「海洋深層水」の存在。
海がもたらした「宝の水」が、いよいよ発売された。
深層水を生んだ背景である甑島の自然を味わいつつ旅をしつつ 深層水の魅力を探ってみた。

船】手軽に楽しめる船旅で甑島の景観に魅了される
甑島への足は串木野新港の甑島商船。今年5月からフェリーが1便増便され高速船「シーホーク」と「フェリーこしき」がそれぞれ1日に2便づつ行き来する。
午前8時10分、シーホークに乗りこみ、串木野を後にすると、甑島の玄関口である里村には9時5分に到着。快晴なら揺れもほとんど感じない快適な船旅が手軽に味わえるのは魅力だ。

里村に着くと、目の前に里村交流センター「甑島館」が見える。10時40分に到着する手打港からほど近い場所には下甑村離島体験宿泊施設「竜宮の郷」もある。こうした施設や旅館、民宿などを足がかりに、まずは美しい景観を極めに出か
けたい。
【観】陸繁島(トンボロ)断崖、奇岩・・・景観と海のレジャー
上甑島は里村と上甑村、下甑島は鹿島村と下甑村の4村で成り立ち、それぞれに見どころがある。

県内でも屈指のビューポイントと評される「長目の浜」は、なまこ池の北端から貝池をはさみ、鍬崎池の東端まで約4kmの長さで海跡湖を形作る。海を隔てた島が砂州で結ばれた陸繁島(トンボロ)あり、ウミネコが舞い飛ぶ鹿島断崖、ナポレオンの顔によく似た奇岩ありと、甑島独特の景観は見飽き
ないポイントばかり。上甑島と中島を結ぶ甑大明神橋 、中甑島と中島に架かる鹿の子大橋の姿も海の中に映える。

水中展望台「きんしゅう」(里村)、観光遊覧船「かのこ」(上甑村)、同「おとひめ」(下甑村)では、海の眺めも楽しめる。黒潮洗う沿岸を持つ甑島はどこも絶好のポイントで、各村にある瀬渡し船が離れ瀬へ案内。マリンスポーツにも最適で、下甑村には県内では自治体によるダイビング拠点があり、器材のレンタルから専門ガイドの案内まで用意する。2Kmの美しいビーチが続く下甑村の手打海水浴場をはじめ、各村に海水浴場やキャンプ場の施設が整えられ、マリンレジャーを満喫することができる。初夏から夏にかけては甑島は最高の季節を迎える。

ライン3

【海】手打港沖から取水される海洋深層水 その味は 

海の魅力あふれる甑島の中、下甑村の手打海水浴場の先にあるのが、「こしき海洋深層水」の本社(こしき利活用センター)。出来上がったばかりの工場は清潔感あふれ、スタッフが稼動準備に追われていた。

「今日、保健所の認可が下りたところなんです」とはずんだ声で、総務業務課の黒木政信課長が海洋深層水「こしき竜宮伝説」を早速ふるまってくれた。硬度がかなり高いので「かむように飲む」ことを勧められる。

販売する深層水は2種類ある。硬度1100は健康飲料として、100はミネラルウォーターとして焼酎の割り水、お茶、料理などへの利用も可能。1100はちょうど牛乳を飲んだあとのような飲み口。100と飲み比べると、同じ水でも味わいが違うことに驚く。

取水ポイントは沖合4km、水深375mにあり、硬質ポリエチレン(PE)管で汲み上げている。同社の郡山繁一社長の説明によると、先行地域の管まわりかを金属で巻く方式をとらず、このPE管で簡素化したために低コストが実現できたのだという。

鹿児島の場合、海洋深層水事業は民間主導で行なわれ、先行他地域のように膨大な資金を投資できず、どう低コスト化するかが問題だったが「その分、独自の方式を産み出すことができた」と郡山社長。
取水された深層水は逆浸透幕膜によって淡水にしたものと、電気透析法で塩分のみを除去したものを混合し、さらに殺菌処理を行なって出荷する。
除去した塩分も無駄にしてはいけない。

別棟での塩の作業を黒木課長が見せてくれた。淡水化の過程で出てくる濃縮海水を釜で炊いて塩を作り、天然にがりも取る。「塩がこんなに甘いものだったとは思わなかった。焼き魚やおにぎりに最高」と黒木課長。ミネラル豊富な塩は、副産物としてはとても魅力的。今後は生活の中で使いやすい商品として開発予定だ。

【村】甑島の村おこし 海洋深層水の役割は
甑島の主幹産業で「実験的に塩干物に使ってみたが、ふつうは茶色に変色するのが身が真っ白に仕上がった」と驚きの声をあげるのが、下甑村漁協の浜道浩二参事。深層水に漬けると魚の鮮度を保てることも知られ、沖合いで
釣った魚に利用するほか出荷の際の氷に深層水を使うことも検討される。

「県の試験場にも研究してもらい、いいとなればモノ作りが進むはず」と期待を寄せる。先行地域の室戸への研修にいき、深層水の魅力を知る度に「いい水だと実感している。すばらしい海からの贈り物。島民がまず健康になってPRしていきたい」と語るのは、下甑村商工会の富田徳政会長。

下甑村立手打診療所の瀬戸上健二郎院長は「夢のある話。タラソセラピーとアイランドセラピーを組み合わせ、その一環として深層水に取り組んでいけば、新たな島文化が生まれるのでは」と提案する。
海洋深層水の効果は、これから実証されていく必要があり、試行錯誤が重ねられるだろう。関係者の語り口は慎重だが、「宝の水」の可能性に、誰もが大きく期待していることをひしひしと感じる。