【お問合せ先】
フクダのダチョウ
TEL/0994-63-2320
FAX/0994-63-3556
鹿児島県鹿屋市串良町
岡崎2100-7
【お支払について】
当店は入金確認後の配送
になります。
何卒宜しくお願い致します。
ダチョウのお肉はこちらから
お料理の簡単レシピ
紹介中です!
ダチョウのひなのご案内
オーストリッチレザーの商品は
只今開発中です!
お楽しみにお待ちください!

 

晴天街トップ 店舗トップ 会社概要 お支払い・送料 晴天会員登録 買い物かご



福田組ダチョウ牧場
だちょうの卵のインテリア

お客様から嬉しいお便りが届きました。

卵のカラをご購入いただきましたお客様から、カラを使った
インテリアの写真を送っていただきました。
とても、癒されるあたたかな作品です。
大事な写真を送っていただきまして、ありがとうございました。
詳しくは、フクダのダチョウHPをご覧下さい。


★エッグアート・ランプなどの工芸品に!
ダチョウの卵の殻 (1個)1,000円

「国産ダチョウ肉100%」をあなたに直接お届けします。
ダチョウ肉は高タンパク、低カロリー食品として注目されています。
ここ最近、ダチョウ肉への関心が高まってきています!

おいしいと評判のダチョウのお肉!
身体にやさしく、ミネラル豊富で、低カロリー食品!福田組のダチョウの肉を是非ご賞味ください。

ダチョウ肉は、子牛肉に似た赤身で、やわらかく、臭いやクセがないため、日本料理、西洋料理はもちろん、中華料理まで様々な料理に活用できます(刺身、タタキ、しゃぶしゃぶ、ステーキ、カツ、ハンバーグ他)。

「ベジタブルミート」とも呼ばれまた、低脂肪で低カロリー、高たんぱく、鉄分などのミネラルも豊富でヘルシーな食品としても注目を集めています。

最近、ちょっとお腹周りが気になりはじめたら・・・
フクダのダチョウではメタボリックシンドローム対策などに特にダチョウ肉をおすすめします!

■メタボリックシンドロームとは?・・・
最近は過食、運動不足によって内臓脂肪を蓄積し、生活習慣病になる人が増えています。生活習慣病には、高血圧症、高脂血圧、糖尿病などいろいろありますが、たとえ軽度であっても複数の生活習慣病を合併していると、さらに大きな病気を引き起こす可能性があります。こうしたリスクが重なって存在する状態を「メタボリックシンドローム」と呼んでいます。


フクダのダチョウ商品について
お肉のほかにも自然成分の「AKOオーストリッチクリーム」「AKO石鹸」や「生卵」「アート用卵の殻」を
販売しています。
AKOオーストリッチクリーム AKO石鹸(ダチョウ石鹸) ダチョウの生卵
その他、オーストリッチレザー商品も只今準備中です!販売までしばらくお待ちください。

のびのびとした環境
フクダのダチョウは約80アールの敷地でのびのびと暮らしています。

人間も満員電車の中にいるのは嫌なように、ダチョウが好きな時に走り周ったり、休んだりできる自然的環境下でストレス知らずで、 飼育しています。

ダチョウの機嫌がとてもよい時にはダチョウダンスも見られます。


エサ

モヤシの特長
ネギの特長
オカラの特長

フクダのダチョウはヘルシーなごちそうを食べています。
「地域自給」をコンセプトに、知り合いの農業生産法人などからその日に出たネギの葉やモヤシのヒゲ部分 などの野菜くずに、オカラ、ワラなどに、配合飼料を混ぜた自家製のエサを与えています。

たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどの各種栄養素をバランス良く含んでいます。 肝機能を正常化する働きがあります。
疲労回復の効果があります。 腸内の老廃物を排除してくれる効果があります

香りにはリラックス効果があります。血行を良くし(血液をサラサラ)、体を温める作用があります。葉緑素やビタミンC、食物繊維も豊富で悪玉コレスレロールを防ぎます。

豆乳を絞りとった残りがオカラです。
オカラに豆乳の17倍もの食物繊維や7倍のカルシウムが含まれています。

トウモロコシの特長
海草の特長
納豆の特長
貝殻の特長

ダチョウが食べやすいように、圧ペントウモロコシや挽割りトウモロコシを与えています。

トウモロコシは炭水化物、タンパク質、ビタミンB1を含んでいます。

ヨードをはじめ、銅、亜鉛のほかにミネラルも摂取できます。粘質多糖類やアルギン酸などの食物繊維を豊富に含みます。

人間の身体にもとても良いとされている納豆をダチョウにも食べさせています。
納豆は”発酵”しているため栄養を吸収しやすくなっています。
発酵とは、微生物の酵素の働きのことをいいます。発酵する事で、もとより栄養吸収価が高くなり、おなかの中で消化されやすい状態になります。

カルシウムの補給源として、海から集めた貝殻を与えています。


フクダのダチョウについて
フクダがダチョウの飼育を始めて3年目に入りました。県内でいち早くダチョウの飼育を始めた志布志の村留さんに師事し、指導を受けながらも試行錯誤の連続でした。
現在は、生後2か月ほどのヒナまで含め約80羽を飼育しています。
また孵化器の導入により、自社のダチョウから生まれたヒナを育てられるようになりました。

ダチョウについて
属性
ダチョウ(駝鳥、学名:Struthio camelus)は、ダチョウ目・ダチョウ科に属します。
大きさ
体高は約2.7m、体重は約156kgにもなり、現存する約1万種弱の鳥類の中でも世界最大の鳥類です。飛ぶ事はできませんが、時速50〜70kmほどで走る事ができます。
生息地
本来はアフリカの乾燥したサバンナに生息しますが、環境適応能力が高く、日本では北は北海道から、南は沖縄で飼育されています。
■寿命
寿命は約40年ほどです。
食事
ダチョウは雑食で、植物を食べ、その植物から水分を摂取しています。また歯がないので、消化を助けるために小石を食べます。

ライン