上室製茶/茶乃蔵鹿児島茶ショッピングサイト「晴天街」

茶乃蔵鹿児島茶ショッピングサイト「晴天街」

鹿児島茶

鹿児島茶のこれまで

鹿児島県の荒茶生産量は全国2位の規模を誇りますが、産地としての隆盛はごく最近のことです。後発産地であったためブランドとしての鹿児島茶は弱く、長い間、他の有名ブランド茶の「一つの成分」という低い位置付けでした。しかし鹿児島の温暖な気候はそもそも茶の栽培に適しており、かつ多種多様な茶品種の栽培が可能。地道な改善でより良質な茶葉を栽培し続け、やっと近年、鹿児島茶の味・風味が一級として認知されるようになりました。

上室義澄 1本の苗木から

初代/上室義澄が、志布志市有明の地に茶の苗木を差したのは、戦後間もない昭和23年頃、もちろん鹿児島茶などまだ誰も知るところではない時代。有明の大地は黒ぼくと赤ほやから成る肥沃な土壌、気候は温暖であるだけではなく昼夜の寒暖差が大きく、そして豊かな湧水。あらゆる自然環境が、良質な鹿児島茶生産にうってつけでした。しかし義澄は、単なるお茶農家にとどまりませんでした。鹿児島茶が世に広く認められる時代を夢見て、良質な荒茶をただ市場に出荷するだけではなく、自社で焙煎・ブレンドまで手掛けて、真に美味しい鹿児島茶を責任をもって送り出す、一貫生産に取り掛かりました。当時としては奇抜なこの取り組みと情熱は、二代/義和、三代/和久へと受け継がれ、全国でも非常に稀な、茶葉生産から焙煎・ブレンドまで一貫して生産する体制が整えられました。

茶師三代

茶師の不変-五感への浸透

初代/上室義澄が、有明の大地に鹿児島茶の苗木を差してから六十有余年。茶師として目指すものは非常にシンプルです。鹿児島茶の味・色・香り・ぬくもり、そして茶を注ぐ「こぽこぽ」というゆったりとしたやわらかな音色。召し上がる方の五感に鹿児島茶が浸透していき、その心にひとときの安らぎを生み出すこと。上室の茶師三代にその思いは連綿と受け継がれ、変わることはありません。鹿児島茶の中で生まれ育った三代/和久にとっては、それはなんら不自然なことではなく当たり前のこと。自らの五感を研ぎ澄まして茶葉一枚一枚と対話する、自然に身に付いた茶師としての資質です。

守るために変えるもの

ただ茶師の目指すものはシンプルでありつつも、単なる伝統墨守では成し得ません。その時その時の人々の感覚を常に問い続け、時代にあった鹿児島茶を送り出す必要があります。そんな柔軟性も、一貫生産される上室の鹿児島茶なら実現できます。自社の茶畑で9種類の品種を育て、蒸し・揉みの諸工程を最適化し、自ら茶葉を選定しブレンドする。時代に応じて敢えて「変えること」で、茶師はその目的を追い続けます。

美味の理由

上質な茶葉は上質な土壌から

肥沃な有明の大地で育つ鹿児島茶。素性の良い土壌に手間ひまを加えていきますが、単に経験だけに頼ることはありません。茶園管理状況の記帳を日々繰り返すのはもちろん、年に2回専門機関の土壌診断を受け、鹿児島茶の育生に必要な窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどの栄養素のバランスを数値で管理しています。

上質の理由-選び、分ける贅沢

鹿児島茶に限らず茶葉の品質は、残念ながらいつでも一定ではありません。よく知られているのは、茶摘みの時期で区別した、一番茶(新茶)・二番茶・三番茶・四番茶…という呼び名でしょうか。上室の茶師は、品質の特に優れた一番茶・二番茶のみを選び使用しています。また焙煎(火入れ)の品質を高めるため、火の通り具合のばらつきにつながる茶葉の形状と大きさを10段階に細かく分別し、極めて厳密な焙煎管理を行っています。

水と安心

農薬と水の関係

いまお茶の販売においては、お客様に伝えやすい「差別化」の流れがあります。例えば、無農薬や有機栽培とうたったお茶がその一例でしょう。上室の考える「差別化」はあくまで、鹿児島茶を楽しむお客様の五感にどのように浸透するか?という本質にあります。そして上室の答えは豊富な湧水で実現する「減農薬」です。無農薬や有機も優れた栽培方法で分かりやすい差別化ですが、茶木に掛かるストレスを考慮した場合、そういった極端な生育方法ではなく、あくまでバランスの取れた茶木にやさしい生育方法が、美味しい鹿児島茶につながります。上室では、豊富な湧水を活かした連続散水による防虫・防疫を推進しています。この連続散水により、通常年10回ほど行われる農薬散布をおおよそ半分以下に抑制しています。もちろん、有害なレベルの残留農薬はまったく無く、放射性物質も検出限界以下であることを確認しています。

鹿児島茶 もっと詳しく

▼煎茶 望(のぞみ)上室の定番、鹿児島茶のスタンダード。

▼煎茶 和(なごみ)味だけでなく茶の色彩も映える、ワンランク上の鹿児島茶。

▼煎茶 匠(たくみ)茶師お薦め、「匠」を冠するにふさわしい鹿児島茶の上級品。

▼深蒸煎茶 夢(特上)茶師が思いのままに作りたい鹿児島茶をかたちにしました。

トップ